女三世代 ダブルケア日記@佐賀県みやき町

佐賀県みやき町で実家で認知症の実母と同居しながらダブルケアしているちぃこの日記です♪

家事が出来なくなっているのを忘れてしまう。

昨日、家に帰ってる途中

「あ、お米台所に置いてきちゃったな。」

って思った。

台所にお米があると

母がベチャベチャのご飯を炊いてしまうの。

おかゆみたいだからさ

おかずには、ちょっと合わないのね。

 

で、どうなってるかなぁ?と思って

帰宅して、台所へ直行した。

 

そしたら、案の定

炊飯器が稼働してる音がする。

どうやらまだ10分経っていない。

なら、今なら、スイッチを止めて

鍋に移せば救出できる。

と思い、スイッチを切って蓋を開ける。

 

と、だよ。

驚きの光景が目に飛び込んできた。

炊飯器のお釜の中に

ステンレスの鍋が入ってたので。

で、そのお鍋の中に

お米が仕込んであったの。

 

もうさ、脱力とかいうレベルじゃないよね。

壊れたりしたらどうするの?

っていうか、壊れるくらいならいいけど

爆発したりしたら、どうなるの。

と怒りが湧いてきた。

もう、やっぱり無理。

なんで、こういうことするの?

と聞いても、自分じゃないと言い出すし

いや、台所には、あんたしかおらんし

私は今帰ってきたばっかりやけん

あんたしかおらんやろうもん。

と言っても、台所に

ずっとおった訳じゃないけん分からん。

とか、言う。

 

認めたくないのも分かる

怒られてパニックになってるのも分かる

責めちゃいけないのも分かる

これじゃ悪化するのも分かる

でもね、毎日毎日毎日毎日

こんな風にいろんなことが起こると

受け止めきれないよ。無理。

 

 

取り敢えず、この状況を

把握しておいて貰いたいと

ケアマネさんに電話すると

横から、私じゃなか。

誰かがやったと。

とかなんとか言ってくるから

昨日の穏やかな日との落差で

私は、耐えきれなくなって爆発した。

 

電話繫ったまんま、ほっといて

取っ組み合いの喧嘩になった。

もう、無理だよ。

怒りが湧いてしょうがない。

もう、嫌なの怒りたくないの。

でもあなたは、ずっと毎日

私の神経を逆なですることしかしない。

 

お米も、野菜も

娘たちにいいものを食べさせたいから

無農薬なの。

あなたは、なぜその食材を使って

保冷剤の中身入りのご飯を作るの?

シダ植物のような草が入ったご飯を作るの?

湿気取りのツブツブが入った味噌汁作るの?

 

もうね、本当に我慢の限界。

優しくしろ?

無理。

感情は、覚えてる?

じゃあ、最悪のことしか覚えてないかもね。

責めたら進行が早まる?

うん、早まってると思う。

このまんま、ずっと一緒にいたら

私は、毎日怒鳴りっぱなしだろう。

だから、母の進行も早まるし

子どもたちの人格形成にも

影響するだろうね。

 

そんなことを心配してくれるんだったら

一つでもいい、母と私の関係性が

以前のように戻るような策を

私に下さい。

 

と思った。

これ、ぜ〜んぶ、自分の頭の中の声

こうやって、私は私を責めてしまう。

そして、そこと戦ってしまう。

 

無理なもんは無理。

でいいのにね。

まだまだ、私の頭のなかは

こうあるべきで、いっぱいなんだ。