女三世代 ダブルケア日記@佐賀県みやき町

佐賀県みやき町で実家で認知症の実母と同居しながらダブルケアしているちぃこの日記です♪

字が書けなくなってきてる。

先日、通帳の再発行に

母と一緒に銀行に行ったのだけど

手続き上、本人が書いた方がいいのは

重々承知してるんですがね

何度も何度も、書き直させるんですよね(;ω;)

 

分かる。直筆じゃないといけないのは。

でもさ、その内、母も

自分が書けないことに対して

イライラしてくるんだよね。

 

近所の郵便局だったら

母の状態を分かってくれてるので

本人を連れていけば

代筆でも、受けてくれたんだけどね。

 

これからきっと、もっと増えるだろう

認知症の人々。

そして、こんな場面も色んな銀行とかで

たくさん繰り広げられてさ。

 

本人じゃないとダメ。

直筆じゃないとダメ。

な、介護者や家族にとっての

ハードルが出現するんだろうなぁ。

 

成年後見制度も

考えとかないといけないのかなぁ。

 

うーん。

でも、母は、今でも母で

確かに文字は書けなくなりつつあるけれど

私たち家族のことや

家のことに対して、何かしらしてあげたい。

って思ってくれてるんだよね。

 

実際、私も、娘っ子の学校のことやら

自分の仕事のことやら

話したりすることもあるもんな。

 

字が書けなくなりつつあることと

自分の考えを、一瞬であろうとも

表現出来なくなるってこととは

比例してないんだなぁ。と

実感しております。